お金借りるならネットで今すぐ最速1時間【ローン超詳しい僕のオススメ】

「今日中に借りれる?」「審査無しで借りれる?」「誰にもバレない?」

初めてお金を借りる時って、疑問や不安がいっぱいですよね?

僕もそうでした。

ネットで調べても、ローン会社の公式サイトや、カードローンを詳しく説明するサイトはいっぱいあるけど、どの情報を信じていいものか、かえって迷ってしまいます。

でも、ここに来てくれたのなら安心してください。

かれこれ25年、カードローンはほぼ全社、また闇金からもお金を借りた経験者『炎の借人マッキー』が、ネット上には載っていない、ローン会社も決して教えてくれない僕だけが知る情報を公開しながら、僕の経験上で、あなたに一番合ったお金の借り方を教えますね。

ローン会社て、ぱっと見どこも同じような感じだけど、実際は、審査が通りにくいところや利用手数料が有るとこ無いとこ、また滞納したときの対応が柔軟なとこと厳しいとこがあったりするんですよ。そういった裏事情には僕めっぽう詳しいんです。

もしあなたが、お金借りるならどこがいいか迷ってるなら、この僕のリアルな情報を頼りにすればまず失敗せずに借りる事ができますよ。約束します。

お金借りるための情報は順次アップしていきますね。また古い内容の情報は削除もしていきます。是非参考にしてみてくださいね。

急ぎでお金借りたいなら

もし一刻も早く借りたいなら、取り急ぎプロミスかアコムでいいです。理由や詳細は別ページで詳しく書いてます。

ネットで申込から借入まで完結するので、何処へも行かずに済みます。スマホが最速です。

1時間後にはお金借りれてますよ。

プロミス・アコムをネットで借りる>>

お金借りるならどこがいい?

通常だと、お金を借りるとなると「銀行」をイメージするかと思います。

銀行の場合、比較的金利は低めですが、審査が厳しく保証人が必要なことも。また2018年から即日融資ができなくなったことは意外と知られていません。なので銀行は、急ぎではなく一定以上の年収のある方ならオススメはできます。

このサイトを見ていただいてる方は、大金ではなく30万円前後の比較的少額を、なるべくスムーズに手っ取り早く借りたい方がほとんど。

そういった方なら、「カードローン」を利用することが、敷居が低く一番早くお金を借りれる手段であることは確かです。

ただ、カードローンは種類がいろろあり、それぞれ特徴や強みがあるので、よく知らずに何となく申込んでしまうと損をしてしまうことがあります。

あなたに合ったカードローンの選び方>>

「即日融資」お金を今日中に借りるためには?

どうしても今日中に借りたいといった、急を要する借入が必要となることは、日常生活でもよくあることです。
そんな状況になったとき、今すぐその日の内にお金を借りる方法としては、いくつかの選択肢があります。

まず銀行は即日融資ができなくなったため、銀行以外からの借入となります。
また郵便局(ゆうちょ銀行)での自動貸付も、必要書類の作成等で借りれるのは翌日以降になります。

もし、キャッシング枠があるクレジットカードをお持ちであれば、その枠の範囲内ですぐお金を借りることはできますが、
持ってない方は、カードローンをネットで申込み、カードレスで利用するのが一番早くて確実な方法です。

しかしカードローンも、利用に関しては24時間OKですが、初めて申込んだその日中に借りるとなると、申込のタイムリミットがあるので注意が必要です。

カードローン別申込タイムリミットと融資までかかる時間は?>>

「お金借りる理由」は正直に書くの?

お金を借りる時は、申込の段階で「使途目的」を申告する必要があります。

ローン会社では、お金を借りる理由についてはさほど重要視はしてませんが、基本的にギャンブルや投資目的にはお金を貸すことができません。

しかし、実際に借りる方は、そういった目的であっても建前上は別な理由で申請する方も多くいます。

使途目的は特別調べられるわけではないですが、まあ無難に「冠婚葬祭」や「資格取得」などと書いておけば問題はありません、なにも馬鹿正直に書かなくともOKですよ。

お金借りる理由のオススメ例>>

「総量規制」のウソ

公式サイトやネット情報だと、消費者金融カードローンの場合だと借りる事ができるのは、総量規制により「年収の3分の1まで」となっています。

しかし、年収90万円のアルバイト学生が20万円の枠しかもらえないことはよく聞きますし、年収どころかマイナス300万円の赤字決算だった個人事業主の私が、他社借入が複数あるのにもかかわらず、プロミスで50万円の枠がポンともらえたのは何故なのか?

巷に溢れている、カードローンの総量規制に関する情報は、あくまで「法律上」の数字のことであって、実際に借りれる金額は、金融機関そして担当する人が決める場合も多いのが事実です。

たとえば、電話対応するオペレーターは、こちらの受け答えの口調や雰囲気も、貸しても大丈夫な人かそうでない人かを判断する材料としてると聞きます。

同じ年収であっても、こちら側の対応ひとつで、借りれる額も変わってくるなんて、公式サイトにははもちろん載ってませんし、そもそもローン会社の審査内容については、誰にも明かすことはありません。

借入限度額を高くするコツ>>

「在籍確認」って本当にバレない?

お金借りるとき、かなり多くの人が気にする「在籍確認」とは、その人が実際に働いているかを確認するための、ローン会社から職場へかかってくる電話の事です。

ネットで調べると、「個人名で上手にしてくれる」「在籍確認を書類でしてくれる」と書かれていることも多いです。

しかし、考えてみてください。もしも会社に個人名で電話がきたらおかしいと思いませんか?きっと電話を受けた人はかなり疑問に思うはずですし、個人名でかかってくる電話というのは、消費者金融の在籍確認であることは、最近はすでに知られてしまっていることです。

また書類での在籍確認の場合、結局は会社に給与証明や源泉徴収票を発行してもらうことのなるので、わかる人にはわかってしまうのが正直なところです。

だれにもバレずに在籍確認してもらうベストな方法>>

「金利」にはカラクリあり

カードローンの広告やネットの比較ランキングを見ると、ローン会社によりそれぞれ金利は異なっていますよね?

しかし、いくら最低金利が低いところを探したとしても、200万円以上の借入を除けば、金利は全て「上限金利」が適応されます。

そしてその上限金利は、ほぼどこも同じです。

  • 銀行カードローン14.5%
  • 消費者金融カードローン18%

そうなると、少しでも金利の低い銀行カードローンを利用したくなると思いますが、実際の利用者数は圧倒的に消費者金融の方が多いのは何故か?

それは、実際に銀行カードローンに申込してみるとわかるのですが、まず必要な必要書類が多く、審査が厳しく時間がかかることが挙げられます。

それに比べ、消費者金融だと、必要なのは身分証のみで簡易審査はものの数秒、申込から1時間ほどでお金が借りれてしまいます。

そして「無利息サービス」を利用すると、トータル的な金利をグッと抑える事ができるのが、消費者金融の人気なのでしょう。

無利息サービスがあるオススメカードローン>>

「無利息サービス」の落とし穴

無利息サービスとは、文字通り無利息の期間を設けて、その期間内の利息を無料にするといった、とても気前の良いサービスです。当然無利息期間内に返せば、返すのは借りたお金分だけ、利息はゼロ円です。

無利息サービスを展開しているカードローンはいくつかあります。(プロミス・アコム・レイクALSA・アイフルその他)

そして、各社の無利息サービスをよく見てみると、それぞれ条件がビミョーに違うんです。

例えば、アコムの場合「返済日は35日ごと」となっていたり、プロミスだと「メアド登録・WEB明細利用」が条件だったり。

しかし、ちょっとした不注意で、せっかく無料になる利息が、まるまる取られてしまうことにもなってしまうので、気を付けなければなりません!

無利息サービス徹底検証>>

「審査に落ちる」本当の理由

カードローンを申込むときに、一番煩わしくもあり不安要素でもあるのは「審査」ですよね。

普通に会社勤めするサラリーマンであれば、特に気にしないかもしれませんが、急なお金に困ったり少額でいいからすぐ借りたいといった、主婦や学生などにとっては、いったい自分は審査に通るのか?というのはどうしても気になります。

よく聞くのは、審査に通りたいが為に、年収や勤続年数をサバ読んだりすることで、審査に落ちてしまい、本来借りれるものも借りれなくなってしまうといった事例です。

普通の人だと、「年収がちゃんとないと借りれないんじゃないか?」と思うかもですが、実際の審査で見られるとこは、そこよりも大事な点がいくつかあるんです。本質的な部分と言えるかもしれないところを、僕はいつも意識してお金を借りています。

カードローン審査を通りやすくする鉄則3つ>>

「審査無し」で借りれるところ

ネット検索で、「審査無し」のところを探してる人は実はとても多いです。

審査無しで借りたい方へのおすすめ>>

結論から言うと、審査無しで借りれるところは、あるっちゃありますが、全てクロです。100%断言します。

ちょっと考えてみてください。

もしあなたが、どこの誰ともわからない他人から「お金貸して」と言われても、ちゃんと返してもらえるかが不安で貸したくないですよね?

単純に考えて、審査無しで貸すという業者は、それだけのリスクを負ってでも、何らかの形で利益を得ることを考えています。まともな考えは持っていません。

その業者は「ヤミ金」と呼ばれる、お金に困ってる人の財産を根こそぎ奪おうと企む悪徳業者です。

ヤミ金では、一般の金融機関が行うまっとうな審査は行いませんが、その方からどんなものを搾り取ることができるかは審査します。たいていの場合、生命保険に入っていたり持ち家や自家用車がある方は、審査無しで貸付をしてきます。

冒頭でも言いましたが、全くブラックな悪徳業者ですので、たとえ少額でも(ま最初は少額しか借りれませんが)絶対借りちゃだめですよ。遊びのつもりでもだめ。

マッキーがヤミ金から借りた体験記>>

「プロミスからの郵送物」実物はコレ

カードローンを契約すると、たいていの場合は自宅へカードと契約書が入った封筒郵送されてきます。

でもそれは、家族にバレずにお金を借りたい方にはとても迷惑で悩みの種ですよね?

ネットで調べると、カードローンからの郵送物は発送元がローン会社名意外になってるので大丈夫と書かれていますが、実際の封筒を見てみると、これがバレないものであるかどうかはとっても疑問です。

また、郵送物を止める方法などもネットにいろいろ載ってますが、申込時の入力欄でチェックを入れ忘れたりしただけで、郵送物が届くこともあるので注意が必要です。

カードローン各社の郵送物を確実に止める方法>>

「返済期日」の比較

お金借りる人にとって、借りる事も大事ですが、いつまでに返さなければならないのか?ということも、事前に知っておきたい気になる事柄となります。

カードローンはそれぞれ、借入日とその借入に対しての返済日が決められています。

例えばもしあなたが、「返済日がいつなのか」を気にするのであれば、それによって借入日を調整したり、利用するカードローンを選択することが必要になります。

カードローンの返済日はいつ?>>

「バレずに借りる」方法と注意点

「お金借りる バレない」とネットで検索してる人はとても多いことから、お金を借りるのが会社や家族に知られるのが困る方は非常に多いことがわかります。

僕は自営業で、元々お金を借りまくってる人間だから、いまさらバレることは抵抗ありませんが、サラリーマンが会社にバレたくなかったり、仕送りもらっている学生が親にバレたくなかったり、主婦が旦那さんにバレたくなかったり、といったことが考えられます。

バレずにお金借りる方法としては、

  • バレる原因を知る
  • その原因をストップする
  • 滞納をしない

といったこととなりますが、申込先、申込方法、カード発行有無、返済方法、などにおいてそれぞれ「バレないコツ」があります。

ネット情報だと、「在籍確認を書類にすればバレない」とか「自宅への郵送物を止めればバレない」とかといったことが多く書かれていますね。

しかし、実際にバレるかどうかは、それ以外のポイントが多くあるのも事実です。

お金借りること本当にバレない?検証結果は・・・>>

「スマホで借りる」おすすめアプリ

従来だと、お金を借りるにはローン会社の窓口もしくは自動契約機へ出向いて、申込後に発行されたカードを使って、ATMでお金を借りるといったスタイルでした。

しかし、近年はスマホのアプリを使って、何処へも行かずお金を借りる事が主流になってます。

まず「アプリでお金借りる」ということは、カードローンアプリをスマホにインストールし、アプリ上で契約申込や借入・返済を行うことを意味していて、アプリさえ入れればそれだけでお金借りる事ができるといったわけではありません。

カードローンのアプリはとてもよくできていて、最初から直感で操作できるようなデザインとなっています。いくつかのカードローンアプリには「スマホATM」といった機能が備わっていて、「カードレス」でコンビニにて簡単にキャッシングができてしまいます。

お金借りるアプリを検索すると、いろいろ情報が出てきますが、申込~借入に関しての使い勝手は大体どこも同じような感じですが、返済に関しては差が出てくるので、知らずに後で後悔することのないアプリの選び方が大事になってくるのかなと思います。

お金借りるアプリおすすめ>>

「増額」できる人できない人

カードローンは、最初に設定された借入限度額を、その方の収入状況や利用状況によって増額できる場合があります。

通常だと、ローン会社から「増額の案内」が届くのですが、届いたからと言って確実に増額審査に通るとは限らないことが面倒くさいところ。

場合によっては、増額の申請をしたら、増額どころか「減額」はたまた「利用停止」「全額返済要請」となるケースもあるので、じつは気を付けなければいけません!

まず、増額できる人とできない人を振り分けるとするならば、ローン会社から増額の案内(メール・電話・会員サイト内)が来ているか来てないか、という点が大きな目安となります。

しかし、増額の案内が来ない人でも、昇進や副業などで年収がアップした場合は、その旨を申告し限度額を増額してもらうことが可能です。

問題は、増額の案内が届いているにもかかわらず、審査に落ちてしまう属性の方がいるということと、知らずに増額申請することで減額や利用停止になってしまう方がいるということです。

一度設定された借入限度額を増額(特に50万円以上)することは、実はかなりリスキーで、よっぽどの優良ユーザーでないと、お勧めすることはできないのが正直なところです。

多重債務の僕がアコムで増額できた例>>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする